アイメイクを丁寧にクリーニングして目のあたりのくすみを除く

アイメイクを丁寧に純化しないと目のあたりのくすみの条件になる。目下目のあたりのくすみが気になっている人物は、純化の手法をさらに見直してみることが大切です。純化の際に、面持全体のファンデーションを洗い流すのと同時に、おんなじオイルクレンジングで洗ってしまっていませんか。瞳の辺りはただでさえ人肌が本当にないケ所ですので、丁寧にあらわなければ、アイメイクの色素が人肌にうつってしまったり、ごしごしとこすってしまうことでシミをおこしたりクスミの条件になる。
アイメイクを落とす際には、コットンパフなどをオイルでひたし、そのコットンパフで優しく瞳の間近を触れるようにふき取ります。コットンパフもスレで瞳の間近を傷めてしまいかねませんから、とくべつ鋭敏スキンだと言うばあいは、コットンパフでなくコツをつかってグルグルとなじませ、ふき取るときにだけ手厚くコットンパフを割り振るという手法も有効です。

▲ページトップに戻る